■ 東山コーヒー祭り

コーヒ―祭り



 


■ お得情報

台湾では1884 年( 光緒 10 年) にイギリス人が台北三峡で最初のコーヒー栽培を試みました。 日治時代に日本人は台湾の気候と土壌がコーヒー栽培に適していることを発見し、「アラビカ種」を輸入して植えました。 1941 年より台湾で育った豆の品質がとてもすばらしいかったため、コーヒーの全盛時期を迎えました。しかし、太平洋戦争が勃発し、コーヒーの販売は不振となり、農民は豆の代わりにイネを植えるようになりました。日本が敗戦した後もしばらく台湾の経済は低調で、農民は豆の育成を諦めていましたが、最近のコーヒーブームにより再び栽培農家が増え、”コクと香り豊かな”「東山コーヒー」を楽しめるようになりました。


■ 交通機関

新営駅からタクシー利用
アクセスマップ

コーヒー地図